1. TOP
  2. 男性向け
  3. もしかして…響いてない?失敗する好きアピール5選
男性向け

もしかして…響いてない?失敗する好きアピール5選

もしかして…響いてない?失敗する好きアピール5選

今までに、頑張ってアピールをしても女の子に響いていなかった…なんて事はありませんか?そんなのもったいない!今回は、女の子が意外と気が付かないアピールを5つ紹介したいと思います。

1.自分からお前だけだからと言う

この言葉は、いくら本気で言ったとしても女の子からすれば「この人、慣れているんだなー」「本当なのかな」と思う事が多いようです。こういう場合、本人に直接言うのではなく、お友達の言葉を借りるといいかもしれません。「大切な子が出来たって言っていたよ」や「○○の事本気なんだって」と言われたら少しずつあなたの事を意識し出すようになります。

2.前振りなしの告白

残念ながらあなたの中で温めていた気持ちでも、いきなり伝えてしまってはあなたの気持ちよりも、ビクッリしてしまい勿体ない事になってしまいます。例えば、言う前に会う機会を作り近づいて好意がある事を少しずつ匂わすなどすれば、相手も心構えもできるのではないでしょうか。焦りすぎず、時間をかける事も大切です!

3.いきなりのプレゼント

アクセサリーなどの場合、嬉しいよりも受け取っていいのか悩む女の子も多いです。気持ちを伝えたいのは分かりますが、女の子の好みもありますし、それは付き合ってからの楽しみに取って置きましょう。何処か連れてってあげるなど、付き合う前の思い出を作るのもいいのではないでしょうか。

4.やたら可愛い・綺麗と褒める

言い方や、ニュアンス次第で一気に「チャラい」と思われてしまいます…具体的に「あの喜んでいる笑顔が可愛かった」など付け加えると、本気で思っているのか伝える事が出来ます。

いかに、貴方だけにしか言ってないと思わせるかが大切になります。

5.電話のかけ方

いきなり勇気を振り絞ってかけても、相手には好意を向けての電話とは分かりません。かける前に「今少し電話できる?声が聞きたくなって」と連絡を入れると女の子も「もしかして…」と意識して電話をとります。ひと段階挟むことで何気ない電話でも、相手の受け取り方に差が生まれるかもしれません。

いかがでしたでしょうか?やり方や言葉一つで相手に意識させ、伝える事が出来るのか分かって頂けたかと思います。あなたの勇気が無駄にならないように頑張って下さいね!