1. TOP
  2. 女性向け
  3. 奢ってもらって当たり前はダメ!男性に好かれる奢られ方
女性向け

奢ってもらって当たり前はダメ!男性に好かれる奢られ方

なんでそんなに熱々なの!?いつまでもラブラブなカップルの特徴6選

あなたは、男性に奢ってもらうのが当たり前だと思っていませんか?

かつてはそういう風習がありましたが、今はデート代を割り勘にするカップルが増えているようです。

とはいえ、まだまだ男が出すのが当たり前と思っている男性も少なくありません。

そういう男性に奢って貰うときに好感を持たれる対応を知り、好感度をアップさせましょう。

今回は『男性に好かれる奢られ方』についてご紹介します。

1.会計時は男性に払って貰い、後から払う

レジの前で払う・払わないで押し問答するのはみっともないですよね?

お店を出た後にそっと男性にお金を渡すようにしましょう。一度奢ったら受け取る男性は少ないと思いますが、払う意志を示すことは大事なことです。

店の外で渡そうとすることで、男性の顔も立てることができるので好印象をもたれますよ。

奢って貰えるのであれば、せめて気持ち良い気持ちで奢って貰えるようにしましょう。

男性が仮に店の外でお金を受け取ったとしても、嫌な顔をしてはいけません。払うことは当たり前なのです。奢って貰えた場合は、笑顔で「ごちそうさまでした」とお礼をいいましょう。

2. 5回に1回は必ず払う

奢ってくれるからとそれを当たり前に思ってはいけません。

奢ってもらって当たり前と言う感覚は、男性に見抜かれ嫌われてしまいますよ。

「いつも奢ってもらっているから今日は出させて」といって5回に1回は、食事代を出すようにしましょう。

いつも奢ってもらっているのであれば、きちんと感謝と御礼をするようにしましょう。

払う場所は、別に高い所じゃなくてもかましません。無理のない範囲の場所に行きましょう。感謝の気持ちを行動にすることが大事ですよ!

3.安いところは払うようにする

いつも奢ってもらっている場合、ランチやコンビニでの買い物など会計が安いところではあなたが払うようにしましょう。

あなたが食事代を払おうとしても受け取らない男性にも、「いつもご馳走して貰ってるから、このくらいは払わせて!」と言って押し切りましょう。

そういった行動をとることで、「きちんと考えてくれている」と思われ好印象を持たれますよ!

ランチやコンビニなどの細かいところは、自分から進んで払うようにしましょう。いつも奢られてばかりという状況は極力さけましょう。

4.たまにサプライズでお返しをする

相手がどうしても払わせてくれない場合は、事前にサプライズでプレゼントを用意しておきましょう。

サプライズのプレゼントなら相手も受け取ってくれます。

サプライズをした後に「いつもいろいろしてくれるからお礼」と笑顔で言えば、あなたの心配りに感心し惚れ直すこと間違いなしですよ!

サプライズをしてもらうととても嬉しくなるものです。プレゼント自体は高価な物でなくても構わないので、彼を喜ばせるためのサプライズを是非企画してみてください!

甘えるばかりではダメ

いかがでしたか?

いくら男性が奢ってくれるからといって、それを当たり前にしてはいけません。

男性が奢ってくれるからといってそれに甘えてばかりではなく、きちんと感謝してたまにはお返しをしましょう。

その男性といつまでも付き合っていきたいのなら、お返しをきちんとお礼をしておいた方が良い関係が築けますよ!