元・恋愛カウンセラーが悩みを解決! モテ恋調査隊

  1. TOP
  2. ピックアップ
  3. 心配しすぎは逆効果?束縛しても良いことは一つも無い!!

心配しすぎは逆効果?束縛しても良いことは一つも無い!!

心配しすぎは逆効果?束縛しても良いことは一つも無い!!

あなたは、浮気や恋人の気持ちが離れてしまうのを恐れて過度に束縛をしていませんか?

ちょっとした束縛は恋の刺激にもなりますが、あまりにも束縛が激しいと恋人が逃げてしまいますよ!

恋人に過度な束縛をしても良いことは一つも無いのです。

過度な束縛が引き起こす悪影響を知り、もう一度束縛について考え直してみましょう。

今回は『束縛が逆効果な理由』についてご紹介します。

1.恋人に逃げられる

あまりにも自分の行動を抑制され干渉されると、どんどん自由が欲しくなり恋人のことが面倒になっていきます。

あまりにも自由がないと、恋人に嫌悪感を抱いたり他の人に目移りしたりといった感情が大きくなり、その状況から逃げようとするのは時間の問題になってしまいます。

そういうときに、素敵な人が現れたら・・・

恋人の心離れを防止するためにした束縛が、逆に心離れの原因になってしまうのです。

逃げたいという感情が強くなると、それに比例して他の人に目移りする可能性は高くなります。いくら恋人同士だとしても、過度な干渉は控えるようにしましょう。

2.信頼関係が築けない

過度な束縛をするということは、恋人のことを信頼していない証拠です。

恋人には全くそんな気はないのに心配ばかりしていては、いつまでたっても信頼関係は築けないでしょう。

恋人もあなたに束縛されるたびに、「信用してないんだな」と思っているかもしれません。

良いカップルになるためには、信頼関係は必要不可欠です。

恋人と本当に良い関係を築きたいなら、まずは相手のことを信頼することから始めましょう。

信頼関係が築けないようなら、カップルでいる意味がありません。お互いに信頼できなければ、その関係は間違いなく破綻してしまうでしょう。

3.嘘や隠し事が多くなる

過度な束縛をされることが嫌で、恋人に嘘や隠し事をしがちになります。

ちょっと友達と遊んだり用事があったりするだけでも束縛されるので、束縛される前に隠そうとするのです。

また、『束縛→嘘→バレる→束縛がもっと激しくなる→嘘・・・』という悪循環に陥ってしまうことも充分に考えられます。

そうなると、恋人との関係もどんどん悪いものになっていってしまうでしょう。

嘘や隠し事をして欲しくない気持ちからの束縛が、逆に嘘や隠し事を増やしてしまいます。悪循環にならないためにも、過度な束縛をせず恋人を笑顔で送り出しましょう。

4.悪い方向にばかり考えるようになる

過度な束縛は、心配や不安な気持ちから起こることがほとんどです。

そうやって恋人を束縛しているうちに、どんどん『心配』や『不安』は膨れ上がり今以上に不安な気持ちになります。

マイナスな感情は、マイナスの感情を増幅させるのです。

心配や不安で束縛ばかりしていると、恋人と一緒にいても楽しい感情でなくマイナスの感情の方が大きくなってしまいます。

それを防ぐためにも心配や不安ではなく、次のデートプランや恋人を喜ばせることを考えましょう。

マイナスの感情ばかり抱くぐらいなら、一緒にいないほうがお互いのためです。どうせ一緒にいるのならば、楽しい気持ちでいれる関係にしましょう。

束縛は不幸になる!!

いかがでしたか?

いくら束縛をしても、浮気する人は浮気するし心が離れるときは離れるのです。

仮に、恋人が前に浮気をしたことがあったとしても、それでも信用して束縛をしないくらいの覚悟がなければカップルでいる意味がありません。

過度な束縛は、お互いを不幸にしてしまい関係を壊してしまいます。

不安に駆られて関係を台無しにするよりも、相手のことを信頼して良い関係を築いた方が楽しく過ごせますよ!

束縛を辞めるためには、相手のことをしっかりと信頼してあげることが大事です。心配な気持ちはわかりますが、自分に自信を持って堂々と構えておきましょう。