1. TOP
  2. 恋愛心理
  3. 「恋愛なんて信用出来ない・・・」騙されやすい人の心理とその克服術
恋愛心理

「恋愛なんて信用出来ない・・・」騙されやすい人の心理とその克服術

「恋愛なんて信用出来ない・・・」騙されやすい人の心理とその克服術

「いつも騙されて・・・なんで私ばっかりこんな目に遭うの?」と悩んでいる人はとても多いと思います。素敵な恋愛をしようと思って付き合ったのに騙されていたと気づいた時は、とても辛いですよね?騙されやすい人には、様々な心理的な要因があります!今回は『騙されやすい人の心理』についてご紹介します。

騙されやすい人は自分の気持ちを後回しにする傾向がある

よく人に騙される人は、相手の言動に違和感や疑問を感じても、相手にそれを聞いたり問い詰めたりすることができない人が多いです。

一つ一つの違和感や不信感を無視してそのまま放置して会話をしてしまうと、相手のペースに乗せられてしまい感じていた違和感が徐々に薄れてしまい、真偽の見極めが正しくできなくなってしまいます。

自分の気持ちをどんどん後回しにすることで、相手の悪意や嘘に気付かずに、その人を受け入れてしまい騙されてしまうのです。

何故、自分の気持ちを後回しにしてしまうのか?

自分の気持ちを後回しにしてしまう人は、幼い時から自分の気持ちや感情を押さえつけられ大切にして貰えなかった人が多いです。

自分の気持ちを素直に表現することにより、怒られたり周りから嫌われたりした経験がトラウマになってしまっています。

過去の嫌な経験と同じ思いをしないように、自分の気持ちを抑制し無視することで周囲に適応しようという自分を守るための強い心理が働いてしまっているのです。

その結果、自分の気持ちを後回しにして周りの意見や話を優先して場を乱さないように行動してしまうのです。

騙されない人になるには?

まず、自分の気持ちをきちんと把握する練習をしましょう。人間の人格形成において幼い頃の経験や記憶の影響は非常に大きいのです。

なので、きちんと今の環境で克服しなければなりません。自分の気持ちを素直に把握して相手に伝える練習をしましょう。

「今と昔は環境も周りの人も大丈夫!」と自分に言い聞かせてください。少しずつで良いので友達や恋人に自分の気持ちや疑問を伝えられるようになっていきましょう。

そうすることで、自分の意見や考えを言えるようになり相手のペースに飲まれることも少なくなっていくでしょう。

この一連の考え方や流れを専門用語で『修正感情体験』といいます。これは過去の対人関係によって形成されてしまった『不適応な感情表現のパターン』や『自己否定的な人間関係のパターン』を修正することによく使われる技術です。

あなたの過去のトラウマもしっかりと修正して幸せをつかめる方向へと改善していきましょう!

いかがでしたか?過去の無意識のうちに心に刻まれたトラウマはしっかりと払拭しましょう。克服できなければずっと負の連鎖にとらわれてしまいます。素直に自分を表現して『騙されやすい人』を卒業して素敵な恋愛や友人関係を築いてくださいね!