1. TOP
  2. ピックアップ
  3. 「良い人ね」=自分にとって都合がいい人?恋愛に発展させる方法
ピックアップ 恋愛心理

「良い人ね」=自分にとって都合がいい人?恋愛に発展させる方法

「良い人ね」=自分にとって都合がいい人?恋愛に発展させる方法

いつも『良い人』止まりで恋愛に発展せずに終わってしまうという話を良く耳にします。

良い感じかもと期待していたのにそれで終わってしまうと何か悲しくなってきますよね?

今回は『良い人で終わらせず恋愛に発展させる方法』を恋愛相談のプロがご紹介します。

優しいことはいけないこと?

優しくすることはいけないことではありません。ただ、優しいばかりでは良い人で終わってしまう可能性が非常に高いです。

「〇〇さんは良い人ね」と言われて満足してはいませんか?とても相手との関係が親密になっているよう聞こえる言葉ですが、実はそうではありません。

「良い人ね」という言葉には、自分にとって都合が良い人というニュアンスが含まれていることが多いのです。

希望を全て聞いてあげてはいけない!!

相手の希望を「嫌われたくないから」という理由で聞いてあげてはいないでしょうか?相手に嫌われたくないという気持ちは良くわかりますが、それだけではいつまでたっても恋愛には発展しないでしょう。恋愛こそ刺激…心の起伏が必要不可欠なのです。

アメリカの大学で行われた実験によると『言うことを聞いてくれる人よりも自己中心的な人の方がモテる』というデータが出ています。自分に従順で従ってくれるよりも自分を引っ張り振り回してくれる人のほうがモテるということです。

相手が自分の言うとおりにならないと、その人に言うことを聞かせたいという気持ちが少なからず人間にはあります。相手を満足させることも恋愛では大事なことですが、相手を満足させないことも恋愛においては非常に大事なことなのです。

刺激と優しさのメリハリ『アメとムチ』を上手に使う

アメとムチを上手に使うことで相手との関係に刺激が生まれ恋愛に発展しやすくなります。ここでのムチとは、相手に冷たくすることではありません。相手の希望ばかり聞くのではなく自分の希望もしっかりと主張し聞いて貰いましょうということです。

アメとムチの割合はアメ3、ムチ7ぐらいの割合のイメージしておきましょう。常に優しくするとそれが当たり前になり刺激がなくなってしまい恋愛に発展しません。

“いつもはそこまで優しくないのにたまに優しさを見せてくれる“と相手に思って貰った方が優しさを引き立たせ良い人で終わらないための秘訣です。

『嫌われること』を恐れてはいけない

誰にでも優しく相手のワガママを常に聞いてあげる人は、「相手の言うことを聞いてあげないと、嫌われてしまうかも・・・」と常に心の何処かで思ってしまっています。

人間は多少のことでは相手のことを嫌いにはなりません。少しぐらいワガママを言ったって良いのです。

もし、少しワガママを言ったぐらいで切れる関係ならばそれは続ける価値の無い関係だといっても過言ではないでしょう。

自信を持って自分の意見や主張を言うようにしましょう。

自分の意見もしっかりと主張して!!

良い人で恋愛に発展せずに終わってしまう人は、自分の意見や主張も言うことで立場を解消させることができる可能性が高いです。

はじめは難しいかもしれませんが、徐々に自分の主張を出せるようにしていき恋愛に発展させることができるように頑張ってくださいね!