1. TOP
  2. 女性向け
  3. この言葉を言ったら男は喜ぶ!自尊心をくすぐる褒め言葉
女性向け

この言葉を言ったら男は喜ぶ!自尊心をくすぐる褒め言葉

この言葉を言ったら男は喜ぶ!自尊心をくすぐる褒め言葉

男性は、女性に頼りにされることで自尊心を満たしている場合があります。

男性ならではのプライドや見栄を満たすことを意識してコミュニケーションをとることで男性から好印象を持たれることが多くなります。

女性を褒める場合と男性を褒める場合では、少しポイントが違います。今回は『男性が喜ぶ褒め言葉』をご紹介します。

1.「特別だね」

車の運転やデートコースやレストランのセレクトなど、褒めるポイントに対して「特別」という言葉を付けてみましょう。「やっぱり」などを付けてみると、以前から継続的に感じていたことが伝わります。

この時「一番だね」は使わないようにしましょう。

「一番」だと比較のイメージを持たれやすいので、抽象的な「特別」がおすすめです。

2.「頑張り屋さんだよね」

男性は、恋愛、仕事においても「俺は頑張っている」と自分から発言することは少ないです。疲れている様子を感じた時には、ねぎらいも込めて日頃の頑張りを認めてあげましょう。

頑張っている姿を見ている、認めていると表現することは、男性から口にできない感情を代わりに伝えていることにも繋がります。

その一言で男性の心は癒されるでしょう。

3.「あなたのおかげです」

自分にとって良いことがあったときは、相手を褒めるチャンスです。出来事を報告した後に、あなたがいてくれたおかげで「余裕ができた」「頑張れた」と伝えてみるとよいでしょう。

男性にとっては思いがけない褒め言葉になると思います。行為のみならず存在に対する感謝の言葉は、男性の自尊心をくすぐり好印象を持たれるでしょう。

4.「そうなんですか~!」

ありきたりな言葉のように感じられますが、言い方も大事なポイントになります。男性に対して冷たく「そうなんですね」と言ってしまうと逆に嫌悪感を抱かれることもあります。

「えっ、そうなんですか~!」など語尾を質問っぽくすると明るい感じで言えば褒め言葉になります。

その時は手で口を覆うようにしてみると、表情を大げさにしてみることで男性側に言葉が響きやすいでしょう。

5.「さすがですね」

少し重たいものを持ってもらったり、固いビンの蓋を開けてもらったり、仕事を手助けしてもらうなど男性にしかできないようなことをしてもらった時に使う褒め言葉です。

「さすが力持ちですね」「さすが~さんです」などと「さすが」をつけることで男性は相手が自分の実力を認めてくれているのだと、とても嬉しい気持ちになります。

さりげなくそういう褒め言葉をかけられることで、また手助けしてあげようと男性に思われるでしょう。「さすがだね!」という言葉は十分褒め言葉になります。

ただ、あまり多用しすぎて口癖のようになってしまったら効果がなくなってしまうので注意しましょう。

褒められて嫌がる人はいない!

褒める、褒められるというのは、お互いとても気持ちがいいものです。相手を褒めるということは、決して恥ずかしいことではありません。

はじめは少し驚かれたとしても、男性は確実に喜び好印象を持たれます。上手に使えば今まで以上にモテることができ恋愛にもつながるでしょう。

ぜひ使ってみてくださいね!