1. TOP
  2. 恋愛心理
  3. 復縁したい!喧嘩別れしてしまった恋人とよりを戻す方法
恋愛心理

復縁したい!喧嘩別れしてしまった恋人とよりを戻す方法

復縁したい!喧嘩別れしてしまった恋人とよりを戻す方法

恋人と喧嘩別れしまった後、冷静になって「別れなきゃよかった」と後悔していませんか?

喧嘩別れは、自分にとっても相手にとっても後悔しやすい別れ方だと言えます。お互いが本心で話しあった事ではなく、勢いや怒りに任かせているので冷静な判断ができなくなっているからです。

後味の悪い別れ方をすると、お互いの愛情が冷めていることはなくいつまでも存在が心に残り続け後悔してしまうかもしれません。

別れてそんなに時間がたっていなければまだ間に合うかもしれませんよ!

今回は『喧嘩別れしてしまった恋人とよりを戻す方法』についてご紹介します。

1.自分の悪い所を見つめ直す

喧嘩別れをしてしまって「相手が悪いんだ」と意地を張ってしまうと、いつまで経っても復縁はできません。

まずは、自分を見つめなおしてみることが重要です。

自分に悪いところがあるのであれば、その原因を改善する努力をしなければいけません。ただ単に謝るだけでは、また同じことで喧嘩別れすることになってしまいます。

相手に原因がある場合でも、自分にも悪いところがなかったか考えてみましょう。

自分の悪いところを考えるときに、主観的に考え感情的になってしまってはいけません。客観的な立場で冷静に喧嘩の原因や自分の悪いところを見つめ直してみてください。

2.比較的早めに連絡を取る

別れてしばらくは「あんな人と別れて正解だ」と自分の気持ちに意地になっているので、クールダウンの時間が必要です。

時間が経って冷静になると、喧嘩別れを後悔してきます。喧嘩の後、1~2週間程度のクールダウンの期間を空け、相手に連絡しましょう。

ただし、完全に自分に非がある喧嘩ならば、できるだけ早く謝罪した方が良いですよ!

遅くても、喧嘩して一ヶ月後までには連絡をするようにしましょう。それ以上経つと、気持ちが冷めてきて復縁できる可能性が低くなってしまいます。

3.直接気持ちを伝える

ちょっとだけ時間もたち、自分の気持ちの整理がきちんとできたら、相手に連絡をして会う約束を取り付けましょう。

すぐに返事が来なかったとしても、焦って返事を急がさずに待つようにしてください。

謝罪するときや復縁を切り出すときは、できるだけ直接相手に伝えるようにしましょう。直接相手に伝えた方が、あなたの気持ちが相手に届きやすく本気であることが伝わりやすいので成功率も高くなりますよ。

自分が悪かったと思う所をあなたの言葉で謝罪し、「まだ好きだ」という気持ちを伝えましょう。

連絡が全く返ってこなかったり相手が会ってくれなかったりした場合は、電話やLINEで気持ちを伝えましょう。真剣さが伝わるように、相手に伝えることが大事ですよ!

4.感情を爆発させないように注意

復縁の話をするときに注意しておきたいのが、感情が爆発し冷静さを失わないようにすることです。

直接相手の顔を見ているとつい感情が高ぶって泣いてしまったり、相手に文句を言われたり中々話を聞いてくれないときは声を荒げたくなるかもしれませんが、感情を爆発させないようにしましょう。

感情を爆発させてしまい喧嘩になったり相手に気持ちが伝えられなかったりすれば、それこそ本末転倒ですよ。

相手に何を言われたとしてもきちんと話を聞き、気をしっかり持って、きちんと相手に思いを伝えましょう。

事前に、自分が言いたいことを整理しておきましょう。『何が言いたいのか』『何を伝えたいのか』をしっかりと頭に入れておくとスムーズに話ができるでしょう。

5.相手の気持ちをしっかりと聞いてみる

復縁が成功したらの話になってしまいますが、相手がどう思っていたか・どう考えていたかなど相手の気持ちを聞いてみましょう。

相手の話を聞き、理解することで同じことが原因での喧嘩を防ぐことができます。

大きな喧嘩をした後だからこそ、相手の本当の気持ちを知ることで、さらに絆が深まりいままでよりも良いカップルになれるでしょう。

繰り返しになりますが、何か言われても取り乱したり言い返したりしないようにしましょう。相手の気持ちをきちんと聞くことが大事ですよ!

『時間』と『真剣さ』が勝負の鍵

いかがでしたか?

よほど深刻な理由が原因で喧嘩をしてしまった場合以外は、相手を怒らせてしまったとしても、復縁の可能性は低くありません。

お互い「頭にきた」という一時的な感情だけで、別れを決めてしまったのです。

こういう場合の復縁には『時間』と『真剣さ』が重要です。

相手の気持ちが完全に冷めるほど時間を空けてしまうと失敗しますし、真剣さが伝わらなければ復縁は不可能です。

恋人と喧嘩別れしてしまい、よりを戻したいと思っている方は是非参考にしてくださいね!